2018年08月01日

【地震の話】

毎日狂ったように暑い😵日が続きます。この暑さは異常です❗️異常に暑い年は、地震が起きる可能性が高いと言われているので、今日は地震の話をします。
数百年に1度程度の頻度で発生する地震力による力は、東京を想定した場合、震度7から6強程度の揺れに相当し、数十年に1度程度の頻度で発生する地震力による力は、同じく震度5強程度の揺れに相当する。
この基準は、2000年の住宅性能表示制度で決められましたが、阪神淡路、中越、東日本と、数百年に1度程度の大震災が、この島国で15年以内に起こっている。それぞれの「震度7、6強、5強」を観測した地域は数限りなくあります。
また「気象庁震度階級関連解説表」によると、震度7の地震の揺れで倒壊する確率は、等級1の建物は28%、等級2は7.9%、等級3 は3.5%となる。したがって、これから家を建てる場合は耐震性を重要視する必要があると私は思う。



posted by 明徳ホーム at 22:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする