2017年09月06日

【ライバル】

 昨日、テレビ東京の『ガイアの夜明け』を見ていたら、アサヒビールとキリンビールとの🍺ビール戦争について放送していました。

 今は、アサヒのスーパードライがビールの売り上げナンバーワンらしいのですが、今から30年前はキリンビールが市場占有率63%を越えていたらしので、キリンビールのラガーでないと😠飲まないと言う人がいたくらいの時代でしたね。

 その時のアサヒビールと言えば『夕日ビール』と言うくらい人気がなかったです。 

 これは、有名な話ですが、その時アサヒビールを再生するために当時の住友銀行「今、住友銀行と言う名前かどうかわかりませが・・・話は、少し飛びますが銀行さんも今、業界自体がもの凄く大変らしいです。ある銀行マンから聞いた話ですが‼」の副頭取をしていた樋口さん(名前まちがえていたらごめんなさい)

 その副頭取からアサヒビールの社長になった樋口さんの凄いとこは、なんと、キリンビールの当時の社長に、キリンビールは人気があるのに、アサヒビールは人気がなくて何で売れないんでしょうか?と聞きにいったんですね。

 そしたら、キリンビールの当時の社長は、今だったら絶対教えないと思いますがその時は油断したのか❗慢心したのか❗わかりませが、アサヒビールの売れない理由と、どうしたら売れるかを教えて👂?あげたんですね。

 樋口さんの凄いとこは、キリンビールの当時の社長の言うとおり、在庫のある古いビールは廃棄して新しく【スーパードライ】を造りアサヒビールに奇跡を起こしました。

 今度は、キリンビールがアサヒビールをなんとか挽回しょうとしていると言う内容で、とても✏勉強になりました。

 でも、ビールはアサヒとキリンだけでなく、侮れない存在としてサントリーのプレモルが有ります。😄

 私は今までアサヒのスーパードライ党だったんですが‼今は玉にプレモルを飲みます。『今年の父の日には、息子からサントリーのプレモルを贈って来た。わが息子ながら出来がいい。😄』

 商売上ライバルが居ない方が、売り上げが上がって良さそうな気がしますが、切磋琢磨してお互い成長して行くためには、ライバルは、絶対必要なのかもしれない。

 スーパードライがなかったら一番絞りがなかったかもしれないし、いまだにラガーのみしかないかもしれないですね😃



posted by 明徳ホーム at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする