2018年01月08日

 【初心に帰る】

 遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。😊本年も昨年同様に宜しくお願い致します。
今日の題は【初心に帰る】と言う題にしまいました。私も、創業して今年の3月25日で22年が終わり、23年目に入ります。やはり、22年も仕事をしていると、知らず知らずマンネリ化しているので、【初心に帰る】を今年の最初の言葉として頑張って行きます。❗😊
『風姿花伝』を書いた世阿弥も言っています『初心忘れるべからず。』
で、話しは変わりますが、私が正月の間何をして過ごしていたかですが、1日は白峰寺に初詣に行き2日目は、かみさんの実家の正月礼に行き、あとは正月ように買って来た本📗を読んでいました。
その中の本で、
びっくりした本を今日は紹介します❗😊
題は『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』と言う本📗です。12歳と言うと小学校6年ですが、この本の作者近藤龍一君はこの本を書くまでに、何と3000冊の量子力学の本を読んでいるとの事です。天才少年恐るべし❗
で、内容を全部説明するほど私もわからないのですが、【量子】がどう言うものであるかと言う事が私にもわかるぐらいこの本は素晴らしい本でした。天才少年は今高校生らしいですが、将来が楽しみです。
日本の未来は明るいと思う本📗でした。
さぁ、天才少年に負けず今年も頑張って👊😆🎵行きます。❗
posted by 明徳ホーム at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]