2019年03月01日

【流石トランプ】

2632844F-7375-4C2B-8729-D4D6774AB0E5.jpgED3178FA-4D8B-4892-BDAA-CCD8FE8109AD.jpgトランプ大統領と北朝鮮の金委員長は28日、ベトナムの首都ハノイで二日間の階段を終えた。トランプ大統領は北朝鮮による非核化の取り組みが不十分と判断し、北朝鮮が求めた制裁の完全な解除を拒否した。両首脳による合意文書の発表は見送りとなったが協議はこれからも続けるらしい。さすがトランプ大統領と言う交渉の達人だけあって私は素晴らしい判断でないかと思う。あえて、自分の次の大統領選挙の有利な判断としてズルズル中途半端な結論を出すよりは毅然と交渉打ち切りしたのは素晴らしいことではないかと思う。トランプ大統領自身だけのことを考えて決断するのであればまた他の選択肢もあったかもしれないけどもアメリカと言う国そしてアメリカの友好国の未来そして全世界の未来の事考えたときベターな考えだと思います。今まで以前のアメリカ大統領及びアメリカ政府は中途半端な妥協しズルズル北朝鮮に核開発を許してしまったと言う悪い事例があるので今回のトランプ大統領の判断は正解でありました。ただ、マスコミは今回の結果に対し批判するでしょう日本のマスコミもアメリカのマスコミも、でも、いい加減トランプ大統領の批判をするのはやめてこれからの世界がどういう風に持っていったらいいかというのを日本のマスコミとアメリカのマスコミが考えていくことを望んでいます。そのキーワードは世界の国が自由と民主とそして信仰を持つ国になるべきだと私は考えています。
posted by 明徳ホーム at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする