2018年06月07日

【ブランド力】その2

ITが発展したことで、生活は便利になり多くのメリットが生まれました。企業もアイディアを商品化、サービス化するまでのスピードが、とても速くなりました。しかし、これはオリジナルなアイディアで先行しても、すぐにライバル社に追いつかれることも意味しています。
同時に市場調査の技術も進歩していますから、「自分だけの」商品やサービスが持ちにくくなりました。同じような価格で自分のようなクオリティーの商品が並んでいるのです。商品やサービスそれ自体では、差別化しにくい時代になったといえます。
では、お客様は何を基準に商品やサービスを選んでいるのでしょうか。
お客様は「なんとなく」「適当に」お店や商品を選んでいるわけではありません。衝動買いもありますが、それらに確固たる基準があります。
何が最も自分を満足させてくれるのか、そこにフォーカスしてお店や商品を選んでいるのです。続く
posted by 明徳ホーム at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする